サバ缶を使って健康的なスリランカカレーを作ってみた。しかも簡単。

food
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スリランカカレーが気になる

最近作っているのはインドのカレーが多いですが、
大津屋に行ったときにスリランカカレーペーストなるものを買ったので、
それを使う日を虎視眈々と狙っていました。

大津屋に行った時の話はこちらからどうぞ

そもそもスリランカカレーって何??

スリランカはインドよりも南にある島国で紅茶のイメージが強いかもしれないです。

でもインドのすぐ南にある国ですから、
スパイスを使った料理もいろいろとあるわけです。

調べた限りでの特徴は

  • 肉や魚をしっかりと使う(いわゆるベジタリアン的なものではない)
  • ローステッドカレーパウダーを使う
  • パンダンリーフを使う
  • ココナツミルクを使う
  • お米が主食

という感じです。

ローステッドカレーパウダーはこんな感じ

入っているものはおおよそよく作る南インドのカレーと大差がない気もしますが、
明らかに茶色いです。

ローストされているわけですね。

どことなく香ばしい癖になる香りが袋を開けると漂ってきます。

ちなみにこれをカレーの仕上げに入れるとなんだか味に奥行きが出る気がします。

ターメリックも入ってないのでガラムマサラ的なノリで使っています。

あと、パンダンリーフはこちら

真ん中のヤツです。

別名ランペとも言います。

タイではこれをお茶にしたり、お菓子にしたりするそうで、
何となく甘い香りがします。

女性特有の症状にも効果があるんだとか。

調理開始

今回は最近健康への効果が話題になっているサバを使ってカレーを作ることにしました。

でも、カレーのためにサバを一から捌くのはとにもかくにも面倒なので、
今回はサバの水煮缶を使うことにしました。

材料はこんな感じ

【材料(4人分)】

  • サバ水煮缶:2缶 400g
  • 玉ねぎ:2個
  • ホールトマト:400g (多すぎました)
  • 豆の缶詰:1缶(すぐに食べられるタイプ)
  • 乾燥したランペ:適量
  • にんにく:適量
  • しょうが:適量
  • ココナッツミルク:400ml
    (買ったやつが400mlだったので、そうなりましたが
    シャバシャバがすきならもう少し多くてもいいかもしれないです。)
  • スリランカローストカレーパウダー:大さじ2
  • シナモンスティック(セイロンシナモン):1本
  • だしの素:小さいの1パック
  • 塩:小さじ1
  • 水:300cc
  • 酢:大さじ1
  • 調理油:大さじ3

調理工程的には材料を順番に入れて煮込んでいるだけなので、
簡単な部類にいるのではないかと思います。

まずはシナモンをスティックの状態から、
粉々に砕いて、ショウガとニンニクと一緒に油で熱していきます。

スライスした玉ねぎを鍋に敷き詰めて、

トマトとカレーパウダーとだしの素を加えます。

弱めの中火で煮込みます。

玉ねぎから水分がかなり出るのと、そもそも油を敷いているので、
そこまで焦げる心配はないと思いますが、
火力に注意が必要です。

途中はこんな感じで、かなりぐずぐずしていますが、
水分によって焦げることはほぼないです。

3分くらいしたら、混ぜ合わせます。

水とお酢を加えます。

参考にしたレシピは生のランペをここで加えていましたが、
残念ながら生のものは手に入らなかったので、
乾燥したランペを入れました。

大津屋さん曰くこれでも大丈夫とのことですが……

食べるときにはさすがに邪魔になりそうだったで、
茶こしに入れて沈めておけば取りやすいかなと思って、
やってみましたが、
全然染み込みません……

これじゃあ意味がないと思って急きょだしパックにランペを入れて、
沈めてあげました。

一件落着。

次からは生を買うことにしよう。

こういったミスも勉強ということで、同じ失敗をする人がいなくなればいいなと思います。

蓋をして、4分に混んだら、
サバの身と豆を加えて崩れないように混ぜ合わせます。

ココナツミルクを加えて、沸騰するまで沸かしたら、5分煮込みます。

少しトマトが多いのか、
赤茶色の仕上がりになりました。

盛り付けるとこんな感じです。
汁気感の結構強いビジュアルなので、ご飯とまぜまぜしながら食べます。

味はどんな感じ~??

サバとカレーって生臭くなってしまうのかなと思ったのですが、
お酢とココナッツミルクでうまく魚のにおいが消えていて、
スープもだしの素が入っているのでうまく調和しています。

いつも食べるカレーとは全く別のベクトルでしたが、
これはこれでおいしい。

本場のスリランカカレーも食べてみたくなりました。

参考レシピ

今回も東京カリ~番長のレシピを参考に(というかほぼそのまま)作りました。

昔は現地の人に聞くくらいしか、
現地の味を再現する術はなかったと思うのですが、
こういったものがネット上にあると、
自分みたいなビギナーでも専門的な情報にアクセスできていいですね。

リーダーといつもカレーを作っている水野仁輔さんも、
カレーについていろいろな情報を発信してくださっているので、
気になる人はチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました