ゴルフをやっていてなるほどなーと思ったこと 1.体主導のスイングと切り返しについて

golf
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴルフは練習しないとすぐに忘れる。

ゴルフ歴は一年くらいになりましたが、コンスタントに100を切れるわけでも、上手いわけでもないですが、ゴルフの練習に行っていてコーチから教わったことの備忘録も含めて、なるほどと思ったこと、練習法を記録していきます。

誰にでも効果抜群!!!!

みたいな言い方は違うと思うし、そんなことはありえないと思います。

教えるプロではないですし、コーチですら同じ教え方をしても合う人と合わない人がいるからその人にあった練習方をしながら理解してもらうと言っていたので、そういう考え方やアプローチもあるのね〜くらいな感じで参考になれば嬉しいです。

ゴルフのスイングは何かと一個できると一個できないみたいな現象が多くてやきもきしますが、少しずつの積み重ねが大事な気がしています。

体主導のスイングって?

ゴルフを始めた頃は、「体主導でスイングするんだよ〜」って言われても体主導ってなんだよ!って思っていて、スイングスピード=腕っぷしの強さだと勘違いをずっとしていました。

速く振りたいの一心でクラブを握っているとどうしても力が入ってしまうのと、その結果手でクラブを下ろしてしまいます。(男性に多い気がしています。)アウトサイドインの軌道で振り下ろしちゃう(というか叩きつけるに近い…)ことも…

手の力でクラブを下ろしてしまうと不自然なタイミングでクラブを下ろすことになるので、打ち急いでしまい、

結果スイングプレーンからは外れた軌道になって、再現性も、高まりません。

そんなに打ち急いでしまうなら、いっそトップで止まるくらいのつもりでスイングをしてみることにしました。

これが意外といい感じ。

自分では止まっているつもりでも意外と動画を見て確認してみると、静止していることはなく、いいタメが作れているかんじです。(人間の意識なんてそんなもんです。)

トップで止まるつもりにすることで、自ずと手でクラブを下ろす動きが気持ち悪く感じるようになります。(というかどう手から動かせばいいかわからなくなります。)

そのトップの時点で、軽くクラブを握ることを心がけていることができれば、そもそも手で下ろすほうが難しく、自然に体(腰)を切ることでスイングが始められるようになります。

イメージ的には、左のお尻を後ろに引く動きに近いです。

体でクラブが振れる感覚がわかると、手の力は勝手にさらに抜けてきます。

いい循環です。

オススメの練習法

体主導のスイングをするには、まずはクラブを持たずに、右手を左の後ろポケットに引っ掛けて、アドレスは普段通りのアイアンの構えをして、切り返しの始動を引っ掛けていた右手を後ろに引くことで始める練習がわかりやすかったです。

お尻が引っ張られる→体が回る→腕が我慢できずに体についてくる→結果スイングになってる

というイメージなので、腕で振ってやろう!という気持ちは皆無です。

でもスイングはできます。

慣れてきたら左手でクラブを持ってもいいと思います。

腕が速く振れた感覚はないですが、結果遠心力でクラブが加速するのでヘッドスピードは普通に振った時よりも早くなりました。

手打ちになってるよ〜と言われて体主導のスイングってなんぞや??って思う人は試してみるといいかもしれないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました